2007年05月17日

祝電とマナー

結婚式に参加できない時に、祝電を送ってお祝いする気持ちを表現するのは大切なマナーですね。結婚式に参加はできないけど、大切に思っている気持ちを相手に伝えるんですね。

冠婚葬祭の一つでもある結婚式には、いろいろなマナーがあります。このマナーを知らないと恥ずかしい思いをすることもあります。そんな思いをしないためにも結婚式に関するマナーを勉強してみませんか?

最近では、大きなホテルなどと違いおしゃれなレストランなどを貸しきってカジュアルな結婚式をする人も増えていますが、カジュアルといってもそれなりにマナーはあるのです。そのマナーで恥をかかないためにも最低限のことは勉強しておきたいものです。そうすると参加した人みんなが良い気分で祝福ムードを味わえます。

ひとりひとりがしっかりとマナーを意識して結婚式に出席すると、結婚式をスムーズに進めることができ、最高の日の良き思い出になるに違いありません。それだけにマナーはたくさんありなおかつ難しいですが、スマートに出来ると大変気持ちのいいことです。 結婚式の招待されたら、マナーについて、前もって親や目上の方に聞いてみるとよいでしょう。たとえ出席できなくても、祝電という形で気持ちを表すというのもマナーですね。みんながマナーを守ることでとても良い結婚式になるはずです。
【関連する記事】
posted by 祝電 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42062040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。